画像のアップロードが失敗する場合

2020年8月11日

画像のアップロードが失敗する場合は、次の確認をしてください。


1、ソフトウェア(メルカリ出品CS・ヤフオク出品CS等)は、

  HDDの浅い階層に設置しているか?

  ※Cドライブ(あればDドライブでも可)の直下に、当ソフトウェアのフォルダを設置

   デスクトップ上・USBメモリ・外付けHDD等は不可。

2、ブラウザ部分に商品を表示させ、右クリックで

  「この商品を新規に追加登録」をクリックする。


3、取り込んだ商品を、新規出品してみる。

上記方法で出品はできるが、csvファイルで読み込む、または商品登録タブから

登録した商品は出品できない場合は、画像ファイルのフルパスに問題があります。

画像のパスが長すぎる、英数字以外の文字・特殊な記号が

入っている場合は、画像のアプロードでエラーが出る可能性があります。

対策としては、画像の設置場所をドライブの浅い階層に設置し、

画像のファイル名等を英数字のみにします。

  × ダメなファイルパスの例

    C:\Users\仕事のPC\Desktop\メルカリの画像\「出品商品1’」の画像.jpg

  ・フルパスが長い ・階層が深い ・英数字以外の文字とカッコ、ダッシュ等の特殊文字

  〇 良いファイルパスの例

    C:\gazou\a\img0101a.jpg

  ・階層が浅く、フルパスが短い ・英数字のみのフォルダ、ファイル名


メルカリ出品CSで、複数画像のアップロード途中で

エラーが発生する場合 ( 主に5枚目以降、1.92以降で対応)

画像を1枚ずつアップロードしていると、何枚目からか別の箇所(ブラウザのURL欄等)

に画像のフルパスが入り、タイムアウトでエラーが発生する場合があります。

Ver 1.92から1回の画像のアップロード作業で、一括してアップする方法を導入しました。

(1枚ずつで、不具合がない方も、時間の短縮になります)

設定方法は、ソフトウェアの「設定」タブ>「画像のアップロード」タブへ進み、

「Chormeでの出品は~」の項目で、「まとめてアップロード」に切り替えてください。

このときに、自動でフォルダを作成しますので、指示に従ってください。

自動で作成できなかった場合は、手動でフォルダを作成しますが、

下記の2点にご注意ください。

1、ドライブの直下に作成してください。

2、フォルダ名はアルファベットで5文字までにしてください。

この2点に注意して作成し、作成後に「フォルダの指定」ボタンで指定してください。


画像のアップロードのポップアップで、フルパスが入力される欄は、
最大255文字の制約があります。

このため、長いフルパスを10枚分書き込みますと、どこかで切れてしまい
アップロードに失敗します。

そこで、フォルダをドライブ直下に置き、フォルダ名も短くし、
そのフォルダへ、アップする画像をコピー&リネーム(1.jpgなど)し、
10枚分でも255文字を超えないようにしています。



出品後にエラーが発生し、連続出品できない(1.92以降で対応)

出品終了後に、出品した商品のURLを取得していますが、一部のユーザー様で

エラーが発生するようです。

いずれは修正しますが、応急の処置としてURLの取得を省く設定にしています。

ソフトウェアの「設定」タブ > 「新規出品」タブの、

「出品後のURL取得を省略する」にチェックを入れて作業をしてください。



なお、URLの取得が行われていないため、

URLが必要な作業(一括停止/再開や出品中書き換え等)ができません。

WEB取得で、出品した商品のURLを取得した状態で、上記の作業をしてください。